Portal Site for Russellian in Japan


子供 (松下彰良・訳)
(1931年12月11日執筆)
Children
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]
* 改訳及びHTML修正をしました。(2010.9.16)
 核家族化・少子化が進むにつれ,親と子の関係はべったりとなり,親離れ子離れが遅くなりがちになります。日本においてはその傾向が顕著です。それは双方にとって不幸なことですが,なかなかその弊害には気がつきません。親も子供もそれぞれの人生があり,独立した人格を認めあい,成長及び老化の段階により,助け合うことが賢明な生き方というべきだろうと思われます。児童心理学,青年心理学,老人心理学,・・・,というように,成長・老化の各段階に即した心理学がありますので,お互い勉強したほうがよさそうです。(2000.06.27: 松下)

 少数のきわめて悲惨な境遇にある人間は別として,親はみな子供を愛するものであると通常考えられている。理屈の上では親は子供を愛するといっても,現実にはその愛情は平手打ちやキリストの受難ともいうべき叱責の形でしばしば表れる。子供がすることは何でも悪い(とされる)。たとえば,子供はそわそわしてはいけない。公園の芝生の斜面をころがりおりてはいけない。子供が叱られずにすむのはおとなしく座っていることだが,これでは死んだ方がましだろう。
 以上は,-今日でもいまだそうであるが- 親が現代の児童心理学を知らない場合である。親が現代の児童心理学の新しいキャッチワードを学ぶと状況は逆になる。(即ち)現代では悩まなければならないのは親であり,一方子供の方は親に迷惑をかけることが許される。今の親は子供に対して良心的であるが,それだからといって,子供に体罰を加えることによって自分のいらだちに対する慰めを見出す旧い親以上に,本能的に子供が好きなわけではない。それにもかかわらず親子の交わりから生ずる喜びに匹敵するものはないことを親の感傷が命ずる(知らせる)ゆえに,新しいタイプの親も旧いタイプの親も懸命である。
 この不幸は親が実に単純なことを認識しないことにより生じる。つまり人間は2歳を超えれば何歳であっても,自分よりはるかに年上やずっと年下の人間よりも,同年代の人間と付き合いたがるものである。20代の人間が70歳の老人と交際しても面白くない。60歳の女性は,19歳の娘にいつもそばにいてもらいたいとは思わない。他のいかなる場合においてもこのことは真理であるが,親と子の場合はこの真理が無視される。この原因は生理的なものである。即ち,子供は常に動き回り,たえず物音を立てていたいのに,大人は筋肉と神経とも休息が必要である。
 自宅が田舎の農家であり,その子供が10人兄弟の一人ならば,その家庭環境はその子供にとって申し分ないだろう。しかし自宅が都会の小さなアパートであり,その子供にせいぜい一人しか兄弟(姉妹)がいないならば,事情は違ってくる。その場合,親と子が一日のほとんどを離れていれば,お互いよい関係を持てるだろうが,もし同じ場所に朝から晩まで顔を付き合わせていなければならないとしたら,その親子はいつもお互いに神経を使わなければならないだろう。その結果生ずる摩擦は,親をいらいらさせ,子供にとって悲惨なものとなる。
 すべての文明国の学校は,いまだに,教育の最重要な役割は'知識の習得'であるという時代遅れの考え方に基づいている。国家は,年少者に九九の表や1776年に起こった歴史的事実を覚えさせるのに多大な努力をしている。
 その種の教養を非難する気はまったくないが,私は人格の訓練(陶冶)の方がずっと重要だ考える。ところで人間の性格は,就学年齢である6歳よりも前に大部分決定される。もし国家が現代の児童心理学を理解するならば,2歳以上の全ての子供を保育学校にいかせるだろう。
 保育学校では,子供は,子供に安心感を与える大人に影ながら見守られた,子供たち(だけ)からなる環境をそこに見いだすだろう。保育学校では,警戒すべき危険は最小限にとどめられるだろう。神経が細かくゆきとどいた環境が可能にする範囲で,子供への禁令は最小限のものとされるであろう。
 夕方,子供は家に帰り,親と子供は互いに愛し合い,そうして万事うまくいくにちがいない。このうえなく夫思いの妻でさえ,夫がほとんど一日仕事で外にいることを喜ぶだろう。(妻と同様,)母親もまた心の安らぎを必要とする。


 It is commonly supposed that all parents, except a few unnatural wretches, love their children. In theory, perhaps, they do, but in practice the love too often shows itself only in slaps and cross reproofs. Whatever the child does is wrong: he must not fidget, he must not roll down a grassy bank in the park. The only thing he may do without getting into trouble is to sit still and wish he were dead.
 This is when his parents are untouched by modern child psychology, as the great majority still are. When parents have learnt the new catchwords, the only result is that the situation is reversed; it is now the parent who must suffer in silence while the child is allowed to make himself a nuisance. The modern parent is coscientious, but is not on that account any more instinctively fond of her child than the old-fashioned parent who finds relief for irritation in physical chastisement. Nevertheless, both struggle on, because sentimentality has decreed that there is no joy equal to that to be derived from the companionship between children and parents.
 This trouble is caused by failure to recognise a very simple fact, namely, that, at all ages beyond the second birthday, people prefer the society of their contemporaries to that of people much older or younger than themselves. Men and women between the ages of twenty and thirty do not enjoy the company of old people of seventy. Woman of sixty do not wish to be perpetually accompanied by girls of nineteen. But in the case of parents and children this rule is ignored, although it is quite as true in any other case. The causes of this are physiological; children need constant movement and almost constant noise, whereas adults need rest for muscles and nerves.
 The home may have been a perfect environment for the child when the home was a farm in the country and the child was one of ten. But when the home is a small urban apartment and the child has at most one brother or sister, the matter is otherwise. In the case, while children and parents are likely to love one another if they are apart most of the day, they will be perpetually on each other's nerves if they have to be cooped up together from morning till night. The resulting friction is irritating to parents and disastrous to children.  The schools of all civilised countries are still based upon the entirely antiquated notion that the most important part of education is the acquisition of knowledge. The state takes enormous pains to cause its juvenile citizens to know the multiplication table and what happened in 1776.
 Far be it from me to decry such accomplishments, but the training of character seems to me of even greater importance. Now character is mainly determined before the age of six, when schooling begins. If the state understood modern child psychology it would make all children go to nursery school from the age of two onward.
 There the child would find an environment composed of other children, with a grown-up in the background who would unobtrusively give a sense of safety. There would be a minimum of dangers to be guarded against; and there would be as few things forbidden as a carefully arranged environment would make posible.
 In the evening the children would return home, their parents would love them and they love their parents, and all would be well. Even the fondest wife is glad that her husband is out at business most of the day, and mothers have need of relief quite as much as wives.
★6月(前月)の言葉★格言集へ