Portal Site for Russellian in Japan


誰から賞賛されたいか(松下彰良・訳)
(1931年12月執筆)
Whose admiration do you desire?

* 改訳及びHTML修正をしました。(2010.9.27)

 山頭火のような世捨て人は例外として,愛する人や親しい人からほめられたいと思うのは人情です。身近な人からの賞賛だけではなく,世間から賞賛を受けたいという場合,どういった人たちからほめられたいかは時代によって,人によって様々だというのは,ラッセルのいうとおりです。
 それにしても,'現代人は昔の人に比べてはるかに短命な形の賞賛を追い求める,また,人間の行いは今では昔とことなり威厳がなくなり,広く大衆にアピールする努力がなされている'という70年前の指摘は,政治家だけでなく,多くの人にとって耳が痛いのではないでしょうか。(2005.12.12)


 自分は良心に基づいて生きており他人がどう思うと意に介さない,と思っている人は多い。このことは,ごく少数者については事実である。しかしその数は,一般に考えられているよりはずっと少ない。少数の偉大な人物は例外として,賞賛されたいのか否かということではなく,誰から賞賛されたいかという点で,人は様々である。
 普通の(平均的な)成人男性であれば,自分の同僚や妻や(できれば)子供や部下の尊敬を得たいと思っている。また誰もが,簡単にだまされる単純な人間だと商売仲間に思われたくないし,妻が自分の欠点を良く知っている事実を努めて無視しようとする。彼は,子供は困った時には自分に相談を持ちかけるだろうとあえて信じ込もうとする。普通の既婚の女性は,他の既婚の女性に強い印象を与えることを生きがいにしている。彼女は,自分の夫が他人よりも裕福であり,自分の子供は他人の子供よりも成功していると彼女たちにわからせようとする。もしも自分が裕福ならば,彼女は家の切り盛りや装飾においては,隣人よりも趣味が良いところを見せつけようとする。彼女らは同じゲームを競うので,他人にしのぐには相当な技量と多大の熱意が必要となる。
 広く一般大衆に感銘を与えたいという欲望は,二つの正反対の仕方で生ずる。自分の身近な人たちの心を動かすのはごく容易かあるいは非常に困難かのいずれかである。いずれの場合も人は,同時代の一般大衆の賞賛を得ようとするか,あるいは次の時代の限られた人々の尊敬を得ようとするだろう。成功した多くの作家たちは,ブロンテ姉妹同様,その人柄は隣人たちの心を動かすものではなかったが,彼ら(彼女ら)は著作によって賞賛を受けた。アナトール・フランスの描くポンティウス・ピラトゥス(注:ピラト/キリストの処刑を許可したユダヤの総督)は皇帝の不興をかったが,「後世の人々は正しく評価してくれるだろう」 と考え,自らをなぐさめた。常に容易に社会的成功をおさめたジュリアス・シーザーは,自らに一層困難な使命を課し,歴史上の人物としてのアレキサンダー大王に挑戦しようと試みた。古代やルネッサンス時代の卓越した人物は,死後の名声を意識し,公言した。16世紀のイタリアのある有力者は,死の床のなかで,法皇と皇帝の両者を暗殺して自分の名を歴史にとどめる機会を逃したことだけが心残りだ,と自分をみとったその牧師に語った。
 新聞の発達に伴い,以前と比べ現代人は死後の名声を追い求めなくなった。今日では現世での名声が昔では考えられなかったほど巨大なものになったため,昔のように歴史に名を残して後世の読者のわずかな賞賛を求めようとする人は,ほとんど見あたらなくなった。現代の映画スターの名声は,最盛期のアレクサンダー大王やシーザーの名声をはるかに上まわっている。現在アインシュタインの名を知っている人の数は,アルキメデスの名前を当時から今日までに知った人の合計数よりも,たぶん多いだろう。これらの結果,現代人は昔の人に比べてはるかに短命な形の賞賛を追い求める。人間の行いは今では昔と異なり威厳がなくなり,広く大衆にアピールするための努力がなされている。
 それにかかわらず,多くの有名人においては,ある形態の死後の名声への欲望,つまり他人に知られたら困ることを伝記に書かれることへの恐怖心が残っている。功成り名を遂げた人の伝記を読むと,ある年齢以後は完全に自発的な生き方をやめ,伝記作家の眼を気にしはじめるのがわかる。これは年配の著名人がたいてい免れ得ない一種の偽善と欺瞞の性質となって現れる。立派な行為が賞賛を受けることは稀であり,また,それゆえ,賞賛を首尾よく得ようとする人々が,賞賛に値する人間であることは稀である。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

Many people believe that they live for the approval of their own conscience, and that they are strong enough to ignore what others think of them. There are some few of whom this is true, but they are much fewer than is commonly supposed.
Excepting few heroes, people differ, not as to whether they desire admiration or not, but as to whose admiration they hope to secure. The average man desires the respect of his colleagues, of his wife and children (if possible), and of his underlings. He hopes that his business associates do not consider him a simple fellow whom anybody could take in. He takes pains not to realise how well his wife knows him. He tries to persuade himself that in a cirisis his children would turn to him for advice. The average married woman lives to impress other married woman. She tries to persuade them that her husband is richer than theirs and her children more successful. If she is well-to-do, she tries to display better taste than her neighbours in the management and decoration of her house. As they are playing the same game, this requires great skill and much thought.

The desire to impress a wider public arises in either of two opposite ways. It may be too easy to impress one's immediate circle, or it may be too difficult . In either case, a man will seek the admiration, either of the geneal body of his contemporaries, or of a select body of his successors.
Many successful writers, like the Bronte sisters, are acclaimed for their books, though their personal qualities were not such as to impress their neighbours. Anatole France's Pontius Pilate, having incurred the Emperor's displeasure, consoles himself with the thought that 'posterity will do me justice'. Julius Caesar, having always had easy social success, set himself a harder task and tries to rival Alexander as a histrical figure. The eminent men of antiquity and of the Renaissnce lived consciously and avowedly for posthumous fame. An Italian magnate of the sixteenth century, on his deathbed, told the priest that he repented of only one thing, namely, that he had not taken advantage of an oportunity to murder both the Pope and the Emperor at once, which would have secured him a place in history.

The desire for posthumous fame has grown less than it was in those days, because of the growth of newspapers. Contemporary fame can now be much greater than it could be in former times that it has almost crowded out the wish for the slender trickle of admiration derivable from the readers of history. The fame of a film star at the present day far exceeds that of Alexander or Caesar at the height of his career. Probably more people know the name of Einstein now than have known the name of Archimedes in all the centuries from his day to our own. The effect of all this is that admiration is sought in more ephemeral forms than those formerly desired. Men's work becomes less statuesque, and there is more effort to make it appeal to all and sundry.

Nevertheless, in most prominent men, one from of the desire for posthumous fame lingers, namely the fear of having anything known that will look bad in their biography. Read the life of almost any man who has achieved eminence, and you will find that, at a certain stage, he ceased to live quite spontaneously and began to have an eye on his biographer. This leads to a certain vein of hypocirsy and humbug from which few elderly eminent men are quite free.
Admiration is seldom bestowed for what is admirable, and therefore those who seek it successfully seldom deserve it.